メニュー枠(上)
メニュー枠(下)
   能登半島地震での被災支援活動

能登半島の日本海を震源として、2007年3月25日午前9時41分にマグニチュード6.9の強い地震が発生し、石川県で震度6、富山県で震度5などが観測されました。被災地では負傷者が出て、家屋倒壊・道路崩落、ライフラインの寸断などが発生しました。これに伴い、アレルギーの会全国連絡会では、被災地のアレルギー患者の支援活動を開始しました。

被災地のアレルギー患者の支援を開始しています

2007年3月28日
アレルギーの会全国連絡会 第9期運営委員会

会員の方へ
2007年3月25日(日)に発生した能登半島地震について、すでに被災地周辺のアレルギーの会全国連絡会(以下、全国連)会員団体の消息や可能な支援のご提案やお申し出が、全国連メーリングリストを通じてありました。皆様本当にありがとうございます。

被災地のアレルギー患者の方へ
被災地で困っていることがあったら、ご連絡下さい。
本日現在、被災地よりの支援要請は全国連には届いておりませんが、今後、復旧の過程で支援が必要になることもあるだろうと思われます。

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ぜんそく、他のアレルギー性疾患、化学物質過敏症などの方で、被災地において物資の入手等、支援を必要とされる方がいらっしゃいましたら、全国連までご連絡下さい。可能な範囲での対処をいたします。

被災地の情報をお寄せ下さい
被災地の情報を集めています。ご協力をお願いいたします。
なお、情報提供の際には、「誰が、いつ、誰から、どのようにして知りえた情報か」ということを明らかにしていただくと大変助かります。
  アレルギー支援を希望とする方のための、避難所で掲示できるポスター(相談・連絡先)

※全国連絡会会員の中では、現在、NPO法人アレルギー支援ネットワークの方が、現地と連絡を取り合いながら、
  情報収集を行っています。
  NPO法人アレルギー支援ネットワーク アレルギーッ子と防災「能登半島地震情報」ページ


被災された患者への支援活動




 Copyright© 2008 アレルギーの会全国連絡会. All rights reserved.